• ログイン
  • カートを見る
  • ご利用ガイド
  • 会社概要
ご注文・お問い合わせはこちら

 

商品カテゴリ一覧 > 業種から探す > 医療・介護施設 > 浴室

お掃除で貢献できる感染対策とは「浴室編」

まずは、現在で出されているガイドラインを確認しましょう。

高齢者介護施設における感染対策マニュアル 平成25年3月 厚生労働省

浴室

  • 浴槽のお湯の交換、浴室の清掃・消毒などこまめに行い、衛生管理を徹底しましょう。通常時は、家庭の浴室の清掃と同様に、洗剤による浴槽や床、壁等を清掃します。
  • 特に施設内での入浴におけるレジオネラ感染予防策を講じるためにも、衛生管理を実施し安全、安心な入浴を行いましょう。

毎日実施する衛生管理

  • 脱衣室の清掃
  • 浴室内の床、浴槽、腰掛の清掃
  • 浴槽の換水(非循環型は毎日、循環型は1週間に1回以上)
  • 残留塩素濃度(基準0.2〜0.4mg/L)の測定。
  • 時間を決め残留塩素測定器で測定。
  • 結果は記録し3年間保管します。

定期的に実施する衛生管理

  • 循環型浴槽は、1週間に1回以上、ろ過器を逆洗し消毒します。
  • 自主点検を実施します。
  • 少なくとも年1回以上、浴槽水のレジオネラ属菌等の検査を行います
  • 浴槽、循環ろ過器及び循環排管設備等の点検(洗浄、消毒)も1年に1回は行います。検査結果は3年間保管します。
  • 貯湯タンクの点検と洗浄も1年に1回は行います。

■浴槽/浴室(床・壁)の清掃例 

    1. オキシヴィルファイブの64倍希釈液をバケツに入れ、浴槽へ噴き掛けます。
    2. 3分程度放置し、スポンジやデッキブラシでこすり洗いします。
    3. 水ですすぎ、表面を良く乾燥させます。
    4. 週に一回程度、カビが繁殖しそうな所はよく換気をしながらカビクリア原液を散布し、カビなどの菌を除去します。

    ■タイルの目地の清掃例

    1. 黒ズミなどの発生がある場合は、よく換気をしながら「カビクリア」原液をスプレーで散布します。
    2. よく水ですすぎます。
    3. 表面を良く乾燥させます。

    (出典:シーバイエス梶j

    使用する道具、洗剤

    • オキシヴィルファイブ
    • スプレイヤー
    • カビクリア

お困りの汚れはございませんか?清掃のプロが無料でメールにてご相談承ります。